スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Kirin
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

すごい!

子供をターゲットにした事件が多発していて
耳にするだけでイヤな気分になってしまいます。
”こんな世の中になっちゃって・・・・”と、嘆いても?
こういった事件は今に始まったわけでなく、昔からあったと思います。
(未遂が多かった?)表に出ないだけでね。
ド田舎に住む私でさえも、友人と二人で変質者にバイクで追っかけられた経験がありますし、
塾帰りに待ち伏せて・・・・と言う話も聞いたことがありました。

今は、マスコミが発達したおかげで全国に流れますよね。
模倣犯と言うのでしょうか?
繰り返し流されるTVの画像は、心をちょっと横切った邪な気持ち(誰にでもあるはず)を、
用意に発火させる作用があるのではないかと思ってしまう。
最終的には個人の資質の問題だとは思うけれど・・・・
とは言え、止める事はできませし、自己防衛ですよね。

2日前地元のTV局で子供の連れ去り未遂事件の報道がありました。
読み上げただけの放送だったのですが、
小学校の1.2年生って言っていたので ”お~~すごい!!”と。

そしたら、今朝”特ダネ”で取り上げられていました。
JRの駅のトイレから1人で出てきた女の子が、少年に肩や腕を捕まれて
連れ去られそうになった。
その女の子はとっさにランドセルに付いていた防犯ベルの紐を引いた。
その音にびっくりした犯人は、バイク乗って逃げ出した。
その音を聞いた友人の女の子が駆けつけて、携帯電話のカメラで
逃げる犯人の画像を撮った。
その画像が、決め手になって犯人は即日逮捕!!

携帯の画像ってそんなにきれいに写るのかなぁ・・・
ナンバーがわかるほど、近くならその子だって危ないし・・・??
しかし、とっさに画像を撮ろう、撮れるって事が冷静で素晴らしい。
小学校1、2年生で!(子供は侮れないなぁ)
今朝、公開された画像はきちんとズームで撮ってあって、
ナンバープレートはっきりわかるもの。
画像を撮る事に慣れていたのだと思うけれど、行動力、判断力に脱帽です。

ちょうどその日、女の子達が通う学校では、警察官指導のもとで
この手の事件の防犯の仕方の講習会が開かれたそうで、その直後の事件だったのようです。
被害者の女の子もしっかりベルの紐を引き、自分の身を守ることができて、
機転の利いた友人は、犯人逮捕のカードまで用意した。
嫌な事件ばかり続きく中で被害者の反撃もあるんだぞ!って
邪な気持ちを抱く、バカども?への警告になったらいいのだけれど・・・・

今まで子供の、携帯所持は絶対反対の私でも、グラッと来てしまう事件でした。
昔、昔習った、防犯対策???
ピストルを向けたら、勿論手を挙げますね。
まず、ピストルの穴を良く見る!
穴があいてなかったら偽物(当たり前だ~)
穴がらせん状(ぎざぎざ)になっていたらそれは、本物!抵抗するな!
車のナンバーは、右から覚える! 
全部覚えるのに越した事はないけれど、とっさの場合は全部なんてね。
優先順位は4桁の番号、都道府県名、数字、ひらがな。
たとえ2つしか覚えられなくても、右からなら検索範囲が左からより相当狭まるそうです。

スポンサーサイト
by Kirin
10:05 | 雑感 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
ワールドカップ直前 | top | ダヴィンチ・コード

Comments

#
遅くなってしまってm(__)m

秋田の事件、誰もが予想?していた展開ですかね。
ちょっと、胸くそ(失礼!)悪くなってきました・・・・。
by: kirin | 2006/06/09 13:22 | URL [編集] | page top↑
# Kirinさんへ
本当に子供達が事件に巻き込まれる話を聞いたり読んだりする度に、とてもやりきれなくなります。弱者を狙う卑怯な犯罪許せません。ピストルの穴は確かに螺旋状でしょうね、言われてみればそうです。弾は回転して飛び出すんですもの。車のナンバーは右から覚える。覚えておきます。全部はなかなか覚えられないものですよね。
by: ハレルヤ | 2006/05/28 23:01 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://punc.blog1.fc2.com/tb.php/39-cdc65333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。