スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Kirin
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ダヴィンチ・コード

土曜日の最終レイトショーで見てきました。
8時30分の最終なので混んではいないだろうと思って
近くの、グルグル寿司、”鮪や”なるところで、自分達の食欲の恐ろしさに、
呆れながら、回転寿司を堪能しました。
何皿食べたのかは内緒ですが・・・・
大トロの太巻きは、美味でした (^○^)
ホタテのカルパッチョも、穴子の稚魚(名前をわすれた)も美味しい。

と、30分前に映画館に戻ると満員!
席は・・・・前から2列目しか空いていず、苦痛の2時間だ・・・・

甘い! 私達でした。初日だものね(゚-゚)

後は、ネタバレになるので映画をこれから見る予定の方は
スルーしてください。
一番気に入ったのは、ソフィのファッションです。
と言っても、ワンパターンしかありませんが・・・・
何ともない、警察官らしい私服なんですけど。
スカートの丈、裾の広がり具合、カーディガン、シャツ、コート完璧です。
私の、理想ですね。

あ。。。映画ですよね!


私は、原作を読んで見に行きました。
そもそも、この小説を2時間でまとめろ!って言う事に無理があるような気がします。
積み重ねて解っていく秘密が、その過程が最も面白いのに残念ながらぶっ飛ばし。
また、あの頃の歴史背景、秘密結社の歴史等多少なりともわかっていないと
観てもきついものがあると思います。
設定も、替えられている。ソフィは、自分に向けられた最後のメッセージを暗号捜査官、
また孫として原作では積極的に取り組んで、ラングドンと謎に向かっていくのに。
例のトラウマに囚われている孫娘役という設定のみ。
ソニエールが、何故ラングドンを使命したのかも、曖昧だった。
これって、この小説では重要な部分でしょう?
ソフィが不振感を抱いたのは、両親の死ではなかったしはずだし、
サー・リーの、正体の発覚も早すぎ出し・・・・
ラストも、死んだと思っていた、弟とばぁちゃんに逢えるはずなのに
兄になんり、死んでしまったことに。あの教会に幼い頃いっしょに行ったのは
両親ではなく、ソニエールといっしょに行ったはずなのに・・・。
シラスと、オプスデイが、何故お金が必要なのか、あの4人を殺さなくては
いけないのかが・・・・わからないと思う。

まぁ、原作とは違うものになるのは当たり前ってわけですが・・・。

全部が中途半端な感じがしました。
私としては、不満の残る作品でしたね。
もう一回、本を読んでみようかな。
スポンサーサイト
by Kirin
12:53 | 雑感 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
すごい! | top | この・・・

Comments

# それがイイと思います。
こんにちは!
ちょっとあちこちのblog覗いて見ましたが、
本を読んでいない方にとっては??? 
のような意見が多かったです。

グルグル回るお寿司にしては
高めですが、美味しかったですよ~
関西と言えば、ばってら! 大好き!!
by: kirin | 2006/05/23 13:22 | URL [編集] | page top↑
# フム・・・・
う~ん・・・やっぱり先に本読んでからいこうかなと思いました。
トムハンクスの出る映画はあたりはずれが結構あるように思うのですが・・・デモまあ心温まる映画に多く主演しているから○かしらね。ターミナルだったかな、あれは面白かったです。

お寿司大好き ! 食べたいよー
by: ハレルヤ | 2006/05/23 00:24 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://punc.blog1.fc2.com/tb.php/38-b9b51d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。