スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Kirin
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

休み明け・・・

あ~~~終わったなぁ・・・・
連休中は、仕事の時より早く起きてテニスコートに皆勤賞でした。
6,7は雨の心配もあったけど免れて総じて天候に恵まれた5日間でした。

ボールの音を聞くと、ふ~っとあの頃へ戻っていく瞬間があるけれど
子供達の発散されるエネルギーで現実に引きもどされる。
そんな、5日間を過ごした。

なんて、文字にするとカッコつくけれど
簡易椅子に腰掛け、プレーに一喜一憂し、暇になれば食べる!
その繰り返しでした (^_^;) おかげで、太りましたわ・・・
ローソンの砂糖まぶしのクロワッサン、何個食べたかしら?
p

ファミマの厚切りバームクーヘンと並んで、お気に入りに追加!
イタリアン、お蕎麦、フレンチ、中華と・・・制覇しました。
3日はお客様が来たので、数少ない私のレシピから腕を篩ったのですが、
相手は、プロ野球OB選手で、質より量!
味見だけで、おなかいっぱい状態になり、ヘトヘト
食べ続けた?天こ盛りの連休でした。

これから気を引き締めて、体重維持しなくては・・・おい、おい m(__)m


食べ物の話ばかりではね。
小学校4年生の頃から知っている、Yちゃんは私になついてくれて
とっても可愛い。
テレやさんだけど逢うと、ちゃんとお話をしてくれる。
ヘタクソな、私達を相手に陰練を続けてきた。
が・・・・・ いつも、2回戦どまり・・・・
サウスポーで、相手が打ちにくいショットももっているのに
何故か、勝てない。 身体能力、技術、負けてない。
練習もまじめにやる・・・・ でも、勝てない。
経験がないわけでもない、去年の夏には全国大会(ダブルス)に補欠で
出場を果たしている。

そんな状態が3年間、続いていた。
私が見るようになってからも、全く進歩がなかった。
ワンプレーは、お~~と、思う瞬間があるのに持続しない。
で、負けて帰ってくると大泣き。
悔しさや、勝ちたい気持ちも持っているようだけど???
この確率の悪さはなんだ???
心配した母親も、
「絶対勝てなんて言ってないよ、でも何であんなプレーになってしまうの?
緊張しているの?もし、テニスが好きじゃないなら辞めてもいいんだよ。」
Yちゃんは、テニスをやりたいと言って、せっせと練習に行っていた。
テニス会のトップクラスは殆んど10代で世界に出て行く。
グランドスラムに出場して欲しいなんて、微塵も思っていないが
4月で中学生となったYちゃんは、そろそろ何らかの結果がでないと
もう、手遅れだ・・・・・。
カテゴリーが上がれば、益々勝てない・・・・・。
あまりの歯痒さに、「あんな試合してたらダメじゃん!」と、思わず言って
泣かしたこともあった(大人気ないなぁ・・・私)

そのYちゃんが、ついに・・・ついに化けた~(^○^)
前兆は、あった。
カテゴリーの上がった3月に、14才以下の県大会で優勝。
中3年の早生まれも入ってくる大会での優勝は彼女の自信になったのかな。
ただ、参加人数が少なくて3回勝てば優勝だったので、周りは半信半疑だった。

5日に行われた、中学生選手権! これは、全県下の中学生が参加。
前日、予行練習のつもりでファミリー大会に出場して、
商品のカップヌードルを貰ってご機嫌だった。
本気の大人の高速サーブにも、対応して周りの見物人の拍手を貰っていた。
帰りがけに私に
「明日さ、私のパートには○ちゃんが居るんだよね、ちょっと・・・」
「ボールがちょっと速いだけで、大丈夫じゃない。
さっきの大人のボールが打てたんだから、普通にやれば勝てるよ!」
「うん!」
「それよりか、初戦だよ。いつもちょっと鈍いでしょ?
今日だってそれで、負けたでしょ。いつも通り、普通にやれば勝てるから」
「うん!頑張るから」
と言って、手を振った。

当日の朝、母の話だとご飯が食べられなかったようだ・・・(^_^;)
心配の初戦、鈍さもみせず普通にやって勝ち上がった。
戻ってきた彼女と目が合ったら、彼女は急に号泣。
多分、自分でも初戦が一番心配だったのだろう・・・・
緊張と、ホッとしたのとが一緒になって涙になったんだね。
それで吹っ切れたのか、それ以降はまったく危なげなく勝ち上がって行った。
ついに決勝!
相手は、同じ1年生。
同じクラブで、ダブルスのパートナー。
今までの大会で、常に優勝に絡み随分と水をあけられていた相手。
2-5(1セットマッチ6ゲーム先取)まで、追い詰められたその後。
3ゲーム取り返し、両者譲らず6-6、タイブレに持ち込んだ!!
もう、2-5の時点で、ちょっと私は諦めた(ごめんね)
決勝まで来たんだから・・・・・ あの子が・・・・

でも、彼女のほうが諦めていなかったね(そこが凄く嬉しい!)
流石に、タイブレに入ったら、王者の証し?
相手の貫禄勝ち! ドカンと1本目決められて、ズルズル・・・
これは今後の課題として・・・
もう、スタンドで見ていた母、友人は、涙、涙、緩みっぱなしでス
私は、勝っても負けても涙腺が緩いタイプなので、
先にみんなから「泣いちゃだめよ!」と、釘を刺され・・・(>_<)
と言いながら、みんな泣いていたけどね。

とっても、清清しい気持ちになれました。
母とも、お話したけどきっかけは全くわからないって・・・・
親も知らない所で、成長していくんだね、ほんとに。
他人の子供でもこんなに可愛いのに・・・・・

「小さな恋のメロディ」の挿入歌、「若葉の頃」が頭の中に
流れていました。
若い、エネルギーは羨ましいなぁ!

自転車を元気よくこぐ彼女にクラクションを鳴らすと、
飛び切りの笑顔で、手を振ってくれた。

有明コロシアムで行われる、関東大会が楽しみになりました。
スポンサーサイト
by Kirin
11:34 | 雑感 | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
再デビュー | top | 着る服がない・・・

Comments

#
いつも、ありがとうございますm(__)m

今週は、高校総体が行なわれていて・・・・
仕事で観戦は無理なんですが、ウズウズしています。
高校生ともなると、中学生の大会と違って、むさいですけどね(^_^;)

でも、元気エネルギー貰います。
私も、この頃に戻りたいです。
精神年齢は、万年子供なんで違和感が全くありませんが・・・
by: kirin | 2006/05/11 10:25 | URL [編集] | page top↑
# いいなあ・・・
とっても素晴らしいゴールデンウイークだったんですね。
読んでいるだけで私もその時の風景が見えるようです。
子供って純真で可愛いし、あらゆる可能性があるから
羨ましいです。私ももう一度子供の頃に戻りたいナー

by: 樋口です | 2006/05/08 18:05 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://punc.blog1.fc2.com/tb.php/34-d35dab2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。