スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by Kirin
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

ギネ

小早川殿も、終わって寂しいと思ってたら・・・・ 始まった~
ワクワクです。

「大河」初めての時代劇、それも一番最後のクランクイン
孝ちゃんも、心配して見に来ようとしたくらいだし・・・(父兄か!)
最初の冒頭のテーマ曲にあわせて、名前が出た時はちょっと感動してしまいました。

小早川秀秋は、諸説もろもろありますが、こんなんだったんだろうなぁ・・・・
って思わせてくれる演じっぷりだった。
関ヶ原の戦いのくるくる動く表情も、小心者で優柔不断なところが良く出ていた。
最後の、微笑みは何度見ても泣けましたよ。

欲を言えば、孝ちゃんとの、競演があったらよかったなと。 無理か(T_T)

さて、ギネ



何が嬉しいって、原作があること。
去年の、「スクラップティーチャー」と「セレブと貧乏太郎」には、辟易。
スクラップは、後半中々面白くなってほっとしたけれど、
セレブにおいては、怒りしかもてなかった。
何の脈絡もない台本、人の気持ちを逆撫でするような、演出。
あんな、死にそうなスケジュールにしてまでも出演する必要など
何処にもないと思ったドラマだった。
あれだけのキャストを集めて・・・・本当にもったいなかった。
キチンと作りこめば、もっといい物になる可能性があったのに。。。
上地ファンであっても、見るのが苦痛! ただ、それだけ。

ギネには、原作がある!
脚本家が、着色したりするだろうけどそれでも、芯はブレないと思うから。
それだけで、もう~~~嬉しい!


第1話
なんか、いっぱい詰まってましたね。
時間が過ぎるのが早かったです。
つかみとしてはOKだと・・・・

個人的には、出産経験も、入院経験も殆どないので医療物は苦手(血、画像)で、
ERぐらいしか見たことがない。
上地君が出演しているとはいえ、ちょっとたじろぎながら見てました。
10年前、友達の乳癌全摘出の結果を見る機会があったけれど、辞退させてもらったくらい臆病です。
でも、こんな臆病者でも、見れましたから大丈夫です。

家族と、恋人と、女性も男性も、見て欲しい。
そして、生命こと生きること話し合ってみてはどうか?
そのきっかけになると思う。
いたずらに怖がってないで、いつか誰もが通る道だから・・・・

「それって人殺しですよね・・・・」

この言葉に衝撃を受けた人も沢山いたと思う。
辛い思いを思い出した方もいるかもしれない。
このセリフは、責めている訳ではなく、主人公の一つの意見だし、
これには正解はないと思うし、自分の出した答えが正解でいいと思う。

昔、ず~と昔・・・・
事に及んだ時に、
「避妊して」と言うと
「子供産みたくないの?」と彼
「産んでいいの?産んでいいのならいいよ。
 その代わり、妊娠してから降ろせって言われても
 絶対降ろさない。それって、人殺しだもの」
と、言うと彼は黙って避妊した。
その時彼が何を考えていたかは、知らない。
後でわかったことだけど、彼にはその経験があったのだ。
で、私と別れてしばらくしてその彼女と結婚した。
めでたし、めでたし・・・・が・・・・
15、16年後、4人の子供をもうけたのに嫁さんが出て行った。
凄いね、、、色んな人生がある。余談でした。

と、私も色々考えさせられました。

ドラマとして、リアル感をウリにしてわりには
奈智のキャラ設定が極端で、不快感すら覚えました。
あんな人、いないでしょ?無愛想のレベルじゃない
100歩譲って、いるとしたら上司は何をやっているのかと。
新人にしてみれば、パワハラですよね。
それに、自分からの要求はするが、相手の言うことはすべて無視。
こんな人、組織の中で機能しないし、迷惑千万です。
食事の時間が取れなくて、チョコレートを食べるシーン。
自分だけ食べて、隣にいる玉木には知らん顔。
無言で、差し出すことくらいできないかな。
命を助けたいって、根幹があるらしいけれど・・・・
目の前にいる人も同じ命ですよね?
人格疑ってしまいます。
ここまで、極端なキャラにしなくても良かったんじゃないかと。

仕事はできるけど、生意気キャラの玉木君のほうが、常識ある人物に見えてしまって、
「まつげ長いね?先生も可愛いですね」
って、チャラ男に見せるセリフに違和感を覚えてしまったほど。
まぁ、これからの展開でどう変っていくかが、鍵なんでしょう。

一番印象に残ったシーンは、看護士さんに電話番号を渡される一連のシーン。
危篤の老人と生まれ来る新しい命の混在に、驚愕している玉木のつぶやきにナンパで答える。
あれも、これもすべて現実、生きていることの証しだ。

それと、最初の柊先生が走るシーンが・・・・
なんか、陸上の練習みたいで??
違和感ありすぎなんですけど、あのシーンいらないなぁ

上地君は・・・・・髪の毛とヒゲどうにかならんかい!
ちょっと不潔ぽくて(T_T)
ファンでも別れる所か・・・・私は、秀秋殿がいいなぁ~
なんか、生意気、チャラ男に見せるためのスタイルらしい。
何話かで、こざっぱりする日が来るのだろうか?
密かに期待したいです。
自宅に戻って、ベットにイラっとしながら横たわった時の横顔の男前なこと!
う~~~ん、これだからなぁ・・・・
TVで見るより、実物のほうが100倍かっこいいと言われる所以か。
なんてね。
失神する前の、目での演技、やっぱり上手いわ。
涙のタイミングも流石です。


次回が楽しみです。



スポンサーサイト
by Kirin
20:21 | kamiji | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ギネ4 | top | ぷ~

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://punc.blog1.fc2.com/tb.php/164-50027cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。